現在位置:ホーム >> 領事情報

 
大使館案内(住所・開館時間)
大使挨拶
大使紹介
大使インタビュー
大使活動
領事情報/各種手続
日中関係・日本の外交
経済・企業支援
文化・教育
マス・メディア
リンク


 

 

 


 

 

SINA微博QRコード

TENCENT微博QRコード

We Chat(微信)QRコード

中国の緊急電話

公安局:110

消防:119

交通事故:122

救急車:120又は999

番号案内:114

鳥インフルエンザA(H7N9)関連情報(1月24日)

(北京市50歳代男性の鳥インフルエンザA(H7N9)の感染疑いについて)

 

在中国日本国大使館
2014年1月24日

 

 

1.鳥インフルエンザA(H7N9)の感染疑いについて
1月24日付の当地報道によると、北京市50歳代男性が鳥インフルエンザA(H7N9)の感染の疑いがあり、北京地壇病院で治療を受けている旨が報道されています。 その概要は以下のとおりです。

 

○報道の概要(1月24日新華網)
「H7N9に感染疑いのある北京市50歳代男性は、数日高熱が続き、地壇病院に入院」
 北京で鳥インフルエンザA(H7N9)と疑われた患者はここ2、3日高熱を出し、咳が止まらず、今朝、地壇病院へ運ばれた。
 昨日、海淀区温泉路に位置している北京老年病院の病室の中で、2、3日高熱と咳を出している50歳代の男性が鳥インフルエンザA(H7N9)に感染したと疑われている。今朝、患者は救急車で地壇病院へ運ばれた。
 家族の話によれば、当該患者は50歳代の男性で、発症する前は健康的で、特に病気はなかった。2、3日前から、高熱、咳等の風邪症状を示していた。しかし、本人も、家族も普通の風邪だと思い、風邪薬を飲んだ。
 風邪薬の服用等の簡単な治療を受けても、症状が軽減しないため、近くの老年病院へ運ばれた。
 「病院で治療を受けており、熱はまだあるが、下がってきており、意識もしっかりしている。でも、依然として、隔離状態にある。地壇病院で引き続き治療を受ける必要がある」と、家族が話した。

 

H7N9の感染の可能性があると病院が表明
 今朝2時5分、救急車が到着した後、当該患者は老年病院の隔離病室から、地壇病院へ運ばれた。
 今朝、地壇病院は、3時頃北京老年病院から転院してきた患者は高病原性鳥インフルエンザA(H7N9)を感染した可能性があると発表した。
 現在、当該患者はICU病室に運ばれ、治療を受けている。他の情報については、病院は発表していない。

 

2.注意喚起
 在留邦人の皆様におかれましては、引き続き、最新情報を随時確認の上、鳥インフルエンザへの感染を予防するため、以下の注意事項を参考に行動することをお勧めします。
●生きた鳥を扱う市場や家禽飼育場への立入を避ける。
●死んだ鳥や放し飼いの家禽との接触を避ける。
●鳥の排泄物に汚染された物との接触を避ける。
●手洗い,うがいにつとめ,衛生管理を心がける。
●外出する場合には,人混みは出来るだけ避け,人混みではマスクをする等の対策を心がける。
●突然の発熱や咳など,呼吸器感染症の症状が現れた場合には,速やかに最寄りの医療機関を受診する。

 

○参考情報:
(1)2013年10月以降2014年1月21日までの鳥インフルエンザA(H7N9)のヒト感染症例(外務省集計)
感染者数:73名(うち死亡9名)
感染例が確認された都市・地域名は,中国2市4省(上海市、広東省、福建省、浙江省,江蘇省,及び香港特別区)。
※ 昨年12月末に台湾で確認され,その後死亡した86歳男性輸入症例の感染者は,江蘇省在住の旅行者であったことを踏まえ,江蘇省における感染者として整理しています。
※ 17日に貴州省で確認された感染(のち死亡)例1名は含まれていません。


(2)2013年3月31日以降8月13日時点までの鳥インフルエンザA(H7N9)のヒト感染症例は感染者数135名(うち死亡45名)。

 

(問い合わせ窓口)
○在中華人民共和国日本国大使館 領事部
住所:No.1 Liangmaqiao Donjje,Chaoyang District, Beijing 100600,
People's Republic of China
(北京市朝陽区亮馬橋東街1号)
電話:8531-9800
国外からは(国番号86-10)8531-9800
FAX:6532-7081
国外からは(国番号86-10)6532-7081

 

(参考ホームページ)
海外安全ホームページ:
「海外渡航者のための新型インフルエンザに関するQ&A」
http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/influ_qa.html
「海外渡航者のための鳥インフルエンザに関するQ&A」
http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/sars_qa.html
鳥インフルエンザ(H7N9)について(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/infulenza/h7n9.html
海外渡航者のための感染症情報(厚生労働省検疫所)
http://www.forth.go.jp
インフルエンザA(H7N9) (国立感染症研究所感染症情報センター)
http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/a/flua-h7n9/3395-n7n9top.html
「鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスによる感染事例に関するリスクアセスメントと対応」(11月5日付) 
http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/a/flua-h7n9/2276-a-h7n9-niid/4076-riskassess-131105.html
鳥インフルエンザに関する情報(農林水産省)
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/tori/index.html
世界保健機関(WHO)
Human infection with influenza A(H7N9) virus - update
http://www.who.int/csr/don/2013_11_06/en/index.html
国際獣疫事務局(OIE)
http://www.oie.int/eng/en_index.htm
中国疾病予防控制中心「人感染H7N9禽流感」※中国語サイト
http://www.chinacdc.cn/jkzt/crb/rgrgzbxqlg_5295/

 

 


在中国日本国大使館
100600 中国北京市亮馬橋東街1号
Copyright(c):2012 Embassy of Japan in China