現在位置:ホーム >> 領事情報 >> 領事関連ニュース

 
大使館案内(住所・開館時間)
大使挨拶
大使紹介
大使インタビュー
大使活動
領事情報/各種手続
日中関係・日本の外交
経済・企業支援
文化・教育
マス・メディア
リンク


 

 

 


 

 

SINA微博QRコード

TENCENT微博QRコード

We Chat(微信)QRコード

中国の緊急電話

公安局:110

消防:119

交通事故:122

救急車:120又は999

番号案内:114

狂犬病について
~ペット・野生動物に咬まれたら、症状が無くても直ちに医療機関へ~

(07.07.20)

 

 

1.中国における狂犬病の発生状況等


2006年の中国における伝染病の発症者、死亡者数は、衛生部の発表によると、死亡者の1位は結核、2位は狂犬病、3位は肝炎・エイズとなっています。このうち狂犬病による死亡者は約3千2百人で、伝染病による死亡者の30%を占めており、2005年の死亡者数約2千5百人と比較して約30%の伸びとなっています。雲南省等では、住民の死亡をきっかけに、犬の強制処分や強制ワクチン接種が講じられています。


狂犬病発生者分布(2005年)は、貴州省(年間483件)、広西自治区(480件)、湖南省(384件)、広東省(308件)、湖北省(184件)の順となっており、この5省で全国の72%を占めています。日本人が感染したとの情報はありません。


なお、2006年、フィリピンで犬に咬まれた日本人が日本帰国後に狂犬病を発症、死亡する事例が発生しました。日本での発症例は36年ぶりでした。世界各国で存在する病気なので、他国に渡航、滞在される場合も注意が必要です。

 

2.北京市における状況


2006年に入り、狂犬病により10人が死亡しています(殆どは地方で咬まれたり、地方で購入した犬に咬まれたとのことです)。先般、北京在住の日本人が青空市場で子犬を購入しましたが、その子犬が狂犬病で死亡しました。幸い、飼い主には感染しませんでした。


2007年7月、北京市衛生局は、朝暘区において本年2例目となる狂犬病による死亡者が発生したことを公表しました。北京市における狂犬病の発生状況は、上記のような地方で咬まれたケースをのぞけば、1994年から2004年までは11年連続で発生しておらず、全国から見れば比較的、狂犬病の発生率が低い状況でした。しかし、2005年、2006年に1件ずつ発生し、本年はこれで2例目となるなど、増加の傾向が見られており、市では、あらためて、市民に対して警戒を呼びかけています。


また、北京では、24時間対応の狂犬病指定病院が約50カ所あります(中日友好病院も指定)。犬等に咬まれて病院に来る患者は、増加しており、2006年には全市で14万人が受診し、治療を受けました。

 

3.狂犬病について


(1)感染源


狂犬病は、日本では撲滅された感染症ですが、世界中で年間約5万5千人の感染者がでています。狂「犬」病という名称ですが、犬に限らず、猫やイタチ等他の哺乳動物からも感染することがあります。狂犬病に感染した犬等の動物から咬まれることで、その傷口から唾液中に存在するウイルスが体内に侵入します。


なお、狂犬病の疑いのある動物になめられただけでも、その部位に大きな傷があったりした場合は、その部位から感染する可能性があるので注意が必要です。


狂犬病は通常、ヒトからヒトに感染することはなく、感染した患者から感染が拡大することはありません。


また、犬肉を食べる習慣が中国の一部で見られますが、念のため加熱調理しておくべきです。

 

(2)症状


ヒトの場合、潜伏期間は9日~数年(通常20~60日)で、発病率は32~64%(咬まれた傷口の大きさや体内に入ったウイルスの量等で変わってきます)で、発病した場合は100%死亡します。症状は発熱、頭痛、嘔吐等に始まり、筋肉の緊張、けいれん、幻覚があらわれます。犬の遠吠えのようなうなり声をあげ、よだれを大量に流し、昏睡、呼吸麻痺が起き、死に至ります。

 

(3)予防方法


日本では狂犬病が撲滅されているため、その危険性を忘れがちですが、中国では現在も感染者が存在する病気です。中国へ渡航、滞在される方は次の点にご留意下さい。


・動物には、むやみに手を出さない。


・具合の悪そうな動物には近づかない。


・青空市場等での犬や猫等の購入は避ける。他の感染症のリスクがあるので、鳥やハムスター等の動物の購入も避ける。


・予防接種(暴露前接種)


渡航、滞在先で動物を対象に活動する場合や付近に病院がない地域に滞在する場合、事前に狂犬病ワクチンを接種することをおすすめします。ワクチンは初回接種後、30日目、6~12ヶ月後の計3回接種します。予防接種は日本国内の病院及び各検疫所等で受けられます。


なお、事前に接種している場合でも、狂犬病の疑いがある動物に咬まれた場合、追加接種が、必ず必要である事を、強くご留意下さい。

 

4.万一犬猫等に咬まれた場合の対策


狂犬病の疑いのある動物に咬まれてしまった場合、まず石けんを使って、よく洗って(傷口を口で吸い出したりしない)、できる限り早く病院で傷口を治療し、ワクチン接種をします。発病前であれば、ワクチンの接種は効果があると考えられていますので、接種してください。暴露(咬まれた)後、合計5回の接種が必要とされております。


また、ワクチン接種は、信頼できるクリニック、病院で行うことが必要です(ワクチンが本物でなかったり、薄めて使用されている可能性があります)。


北京では、在留邦人の方の利用が多い病院であれば、概ねワクチンの接種が可能です。地方では、省、市、県レベルで設置されている「疾病予防控制中心(日本における保健所に相当する機関)」で概ね接種できます。

 

(リンク)


・外務省海外安全ホームページ/感染症関連情報(http://www.pubanzen.mofa.go.jp/index.html
・厚生労働省 (フィリピンからの帰国後に狂犬病を発症した患者について)
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/11/h1122-1.html
・北京市指定狂犬病外来(http://www.bjcdc.org/news.php?id=33013
北京の医療機関リスト(北京市指定狂犬病外来となっていませんが、一般にワクチン接種可)

 

 


在中国日本国大使館
100600 中国北京市亮馬橋東街1号
Copyright(c):2012 Embassy of Japan in China