現在位置:ホーム >> 領事情報

 
大使館案内(住所・開館時間)
大使挨拶
大使紹介
大使インタビュー
大使活動
領事情報/各種手続
日中関係・日本の外交
経済・企業支援
文化・教育
マス・メディア
リンク


 

 

 


 

 

SINA微博QRコード

TENCENT微博QRコード

We Chat(微信)QRコード

中国の緊急電話

公安局:110

消防:119

交通事故:122

救急車:120又は999

番号案内:114

中国におけるHIV/AIDSの状況について

 

2010年12月
在中国日本国大使館

 

 

1.現況


(1)感染者数合計 

  • 中国におけるHIV/AIDS感染者は、引き続き増加中です。12月1日の世界AIDSデーにあわせて、中国政府は今年10月末までのデータを公表しました。  

 これまで中国政府に報告のあった累計の感染者数:約37万人(うち発病者は13.2万人、死亡者数6.8万人)

(昨年の報告では、感染者数は32万人。前年比で約5万人の増加)

 感染者が多い地域として、雲南、広西、河南、四川、新疆、広東の6省区が報告されており、全体の約8割を占めています。

  • 同時に中国政府は、まだ報告のない感染者を含めた全体数の推計も行っており、それによればHIV/AIDS感染者は、中国に約74万人存在するとされています。この推計数約74万人と実報告者数32万人との間には大きな開きがあり、感染者の多くは、政府に報告されていません。
  • 中国におけるHIV/AIDS感染者は、引き続き増加しています。

 

(2)感染者の新規増加
 2009年の新規感染者数は約4.8万人で新規感染者の感染原因は以下のとおりです。:異性間の性感染42.2%、男性同士の性感染32.5%、麻薬等24.3%、母子感染1%

 

2.北京市及び天津市の現況


 北京市政府によると、市内のHIV/AIDS感染者数(これまでの累計)は8,395人(前年比約1,400人増)です。また、昨年1月から10月に新たに報告された感染者は1,233人、北京市以外籍の住民が80%を占めています。


 天津市政府によると、HIV/AIDS感染者数(これまでの累計)は1,358人(前年比339人増)で、うち今年1月から11月に新たに報告された感染者が321人(前年比52人増)です。


 北京市、天津市とも感染者数が増加しています。

 

3.中国政府の対策


 中国政府は、「エイズ予防治療計画(2006-10)」及び「エイズ予防治療条例」に基づいて、感染者への差別の禁止、学生や出稼ぎ労働者、出入国者に対するエイズ予防の宣伝、公共施設におけるコンドームの配布、母子感染予防、エイズ発病者への治療薬の無料提供等の対策を進めています。

 

(関係HP)


財団法人エイズ予防財団エイズ予防情報ネット:http://api-net.jfap.or.jp/
国連エイズ計画:http://www.unaids.org/en/CountryResponses/Countries/China.asp

 

 

在中国日本国大使館
100600 中国北京市亮馬橋東街1号
Copyright(c):2012 Embassy of Japan in China