現在位置:ホーム >> 領事情報 >> 領事最新ニュース(安全・医療)

 
大使館案内(住所・開館時間)
大使挨拶
大使紹介
大使インタビュー
大使活動
領事情報/各種手続
日中関係・日本の外交
経済・企業支援
文化・教育
マス・メディア
リンク


 

 

 


 

SINA微博QRコード

TENCENT微博QRコード

We Chat(微信)QRコード

中国の緊急電話

公安局:110

消防:119

交通事故:122

救急車:120又は999

番号案内:114

メキシコ及び米国におけるインフルエンザ様疾患の発生について(NO.7)

 

2009年4月30日
在中国日本国大使館

 

 

1.WHOは、30日未明、緊急専門家会議を開き、パンデミック警戒レベルを「フェーズ5」に引き上げる旨を決定し、これを発表しました。これは新型インフルエンザが複数の国にまたがって発生している現状を踏まえて発出されたもので、WHO事務局長は「全ての国が直ちに予め用意されたパンデミック対策を実施すること」を求めています。

 

 

2.以下のように、新型インフルエンザはメキシコ、米国以外の国々に急速に広まっており、疑い事例、確認事例とも増加しています。特に米国では、メキシコ以外では初めて新型インフルエンザ患者の死亡が報告されています。(数字は4月30日9時現在。外務省まとめ。)

 (1)メキシコ
  感染者数    26人(うち 7人死亡)(WHO)
  感染疑い者数 2498人(うち159人死亡(うち49名を豚インフルエンザと確認)(メキシコ政府)
 (2)米国 : 感染者数91人(うち1人死亡)(WHO及び米国政府)
 (3)カナダ : 感染者数19人(カナダ政府)
 (4)スペイン : 感染者数10人 (スペイン政府)
 (5)英国 : 感染者数8人(英国政府)
 (6)ニュージーランド : 感染者数3人(NZ政府)
 (7)イスラエル : 感染者数2人(イスラエル政府)
 (8)コスタリカ : 感染者数2人(コスタリカ政府)
 (9)ドイツ : 感染者数3人(ドイツ政府)
 (10)オーストリア : 感染者数1人(オーストリア政府)

 

※その他、4月30日現在、感染疑いがある国・地域は以下のとおりです。
 アジア大洋州:香港、韓国、シンガポール、インドネシア、オーストラリア  
 欧州:フランス、ドイツ、スイス、ポルトガル、ノルウェー、ベルギー、フィンランド、ポーランド、クロアチア
 中南米:アルゼンチン、ブラジル、グアテマラ、コロンビア、チリ、ニカラグア、ベネズエラ、エルサルバドル、ウルグアイ
 アフリカ:南アフリカ

 

※29日、広東省衛生庁の発表によれば、広州から香港に向かうメキシコ人がA型インフルエンザウィルスHIN1に感染していることが判明しました。広東出入境検験検疫局の報告によると、このメキシコ人は、4月16日広州で「中国輸出入商品取引会」(広交会とも呼ぶ)に参加し、20日T781の列車で広州を離れましたが、広州から香港に向う途中、発熱症状が現われたため、広東出入境検験検疫局はサンプルの採取を行いました。体温が正常に戻った後、列車に乗って大陸を離れることが許可されました。サンプルの科学検査の結果によると、彼はA型インフルエンザウィルスH1N1に感染していましたが、豚インフルエンザウィルスかどうかは、実験室における更なる検査を待つ必要があり、広東省疾病予防コントロールセンターの関係者は、標本は、既に中国疾病予防コントロールセンターに送り、検査を行っていると説明しています。すでに当人はメキシコに帰国し、体調に異常はないとのこと。また、飛行機の同乗者及び滞在したホテルの従業員に検査をしたがいずれも現時点では異常は見られていないとのことです。

 

3.中国政府の措置

  (1)渡航情報
 29日、5月1日からの労働節休暇を迎えるに当たって、中国外交部は海外旅行を予定している中国国民に対し、豚インフルエンザがメキシコのみならず、他国にも疑似例、確認例が発見されている状況に鑑み、メキシコへの渡航を当面見合わせること、また、メキシコ以外の国に渡航する中国国民も同様に疫病の状況には十分に注意すると共に、自ら予防措置を講じて、手洗いを励行すること、マスクを着用すること、できるだけ人が集まる場所を避けること、インフルエンザに似た症状が見られた場合には直ぐに診察を受けることについて、特に注意喚起を行っています。

 (2)天津市衛生局の対応
 当館より天津市衛生局に照会したところ、天津市伝染病病院、天津市海河病院、天津市塘沽伝染病病院3つの病院を豚インフルエンザ患者の指定病院に指定したとのことです。

 

 

4.以上の状況を踏まえれば、在留邦人の皆様におかれては、当面冷静に関連情報を収集の上、以下に述べるような所要の対策を実施されることをお薦めします。

 (1)感染防止対策の実施

 外出から帰宅した際には必ず手洗いとうがいを行う。手洗いは石けんを用いて爪と皮膚の間、指の間、手首まで丁寧に洗います。また、うがいは、まず口内をゆすいでから、ノドでうがいしてください。また、人混みの多い場所に出る時には、マスクの着用をお薦めします。個人や家庭で行える感染防止対策については、厚生労働省「個人、家庭及び地域における新型インフルエンザ対策ガイドライン」も参考にしてください。
 (http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/11.html)

 

 

(2)必需品の備蓄の確認

水や食料品の備蓄、さらには常備薬の点検をお願いします。また、タミフルやリレンザといった抗ウィルス薬は処方薬ですので医師の処方をうける必要があります。なお、服用については、妊婦や未成年(1歳以下の小児の場合は子ども用タミフルへの投与についても)への投与は安全性等の問題も指摘されているので、特に処方医の詳細な指示を守る必要がある点をご注意下さい。

 

 

(参考ホームページ)
○外務省安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp/ 


○厚生労働省ホームページ(新型インフルエンザ対策関連情報)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html


○農林水産省ホームページ(新型インフルエンザ関連情報)
http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/anpo/buta.html


○首相官邸「海外における豚インフルエンザの発生に関する政府の対応状況」
http://www.kantei.go.jp/jp/kikikanri/flu/swineflu/index.html


○世界保健機関(WHO)ホームページ(豚インフルエンザ関連)

http://www.who.int/csr/disease/swineflu/en/(英語)

在中国日本国大使館
100600 中国北京市亮馬橋東街1号
Copyright(c):2012 Embassy of Japan in China