現在位置:ホーム >> 領事情報>>査証(ビザ)申請

 
大使館案内(住所・開館時間)
大使挨拶
大使紹介
大使インタビュー
大使活動
領事情報/各種手続
日中関係・日本の外交
経済・企業支援
文化・教育
マス・メディア
リンク


 

 

 


 

SINA微博QRコード

TENCENT微博QRコード

We Chat(微信)QRコード

中国の緊急電話

公安局:110

消防:119

交通事故:122

救急車:120又は999

番号案内:114

日本人の中国人配偶者に係る短期滞在査証(ビザ)の取り扱い

 

 

 中国に長期居住している日本人の中国籍配偶者に係る短期滞在査証(一次、二次、数次)の対象者及び申請時の提出書類等は以下のとおりです。 各書類は、発行後3ヶ月以内のもの(有効期限の記載のある書類は有効期限内のもの)を提出してください。

 

1.対象者

(1)中国国内に居住している日本人(無査証及び有効期間6ヶ月未満の滞在資格を有する者を除く。)と現在婚姻実態があり、原則として日本人と同居している中国人配偶者。
(2)本邦渡航歴がある場合、本邦在留中に出入国管理及び難民認定法をはじめとする我が国法令について違反がないこと。
※ 対象者の要件を満たさない場合及び下記書類の提出が出来ない場合は、通常の親族知人訪問の形式での申請を行ってください。また、数次査証(マルチビザ)の申請の場合は、婚姻期間が1年以上で、日本人と現に同居し、我が国への出入国歴が1回以上確認できることが必要です。 

 

2.査証の有効期間

 

(1)一次査証の有効期間は「3か月」で、二次査証の有効期間は「6か月」です。滞在日数は「15日」、「30日」、「90日」となり、状況に応じて当館が決定します。
(2)数次査証(マルチビザ)の有効期間は「1年」(場合によって「3年」)、滞在日数は「90日」となります。有効期間については、審査の結果、当館が決定します。


3.提出書類

(1)申請人が提出する書類
①査証(ビザ)申請書 (PDF)【写真添付 縦4.5×横4.5cm、背景白、1枚】 
②旅券     
③戸口簿写
④居住証又は暫住証などの居住証明証(管轄地域内に本籍を有しない場合のみ)
⑤数次査証(マルチビザ)希望に係る理由書(数次査証申請の場合のみ提出して下さい。)

 

(2)日本人配偶者が準備する提出書類
①旅券の写し(身分事項の頁、査証の頁、居住証の頁及び出入国印のある頁)
②戸籍謄本(発行から3ヶ月以内、戸籍の筆頭者が日本人配偶者で、書面上申請人との婚姻が確認できるもの)
※ 一次、二次査証の申請の場合は、戸籍謄本の代わりに、中国政府発行の結婚証の公証書を御提出いただいても構いません。


(3)査証申請人又は日本人配偶者が準備する提出書類
①主たる生計維持者の在職証明書等職業を立証する資料
②主たる生計維持者の所得証明書等所得を立証する資料

4.申請方法
必要書類を全て用意した上で、代理申請機関を通じて申請してください。

5.手数料
一次査証  200元                   
二次査証  400元
数次査証  400元
(この他に代理申請機関の手数料がかかります。詳しくは各代理申請機関におたずねください)

 

6.発給所要日数


 最短で当館にて申請を受理した翌日から数えて4営業日かかります。

 なお、日本人と中国人の間の子に係るビザについては、お電話(010-6532-2007)又は電子メール(visa@pk.mofa.go.jp)でお問い合わせ下さい。


在中国日本国大使館
100600 中国北京市亮馬橋東街1号
Copyright(c):2012 Embassy of Japan in China