「国際情勢変動下の日中関係:実務協力と未来展望」国際シンポジウム(2019年5月12日)

 

5月12日,民族飯店において,中国社会科学院主催の「国際情勢変動下の日中関係:実務協力と未来展望」国際シンポジウムが開催され,日中両国の有識者,政府関係者,メディア等,約200名が出席しました。当館の横井裕大使は開幕式に出席し挨拶を行いました。

横井大使は,「令和」の日中関係も大変良いスタートを切ることができたと述べ,世界第2位・第3位の経済大国である日中が同じ方向を向いて,地域や国際社会の平和と安定のために足並みを揃えて協力関係を進めていくことは大変重要である旨述べました。

同シンポジウム開幕式では,戴秉国・元国務委員,福田康夫・元総理,謝伏瞻・社会科学院院長が挨拶を行いました。