横井大使が福建省の于偉国党委書記,唐登傑省長と会見(2019年7月17日)


 7月17日,横井大使は福建省を訪問し,福州市において同省の于偉国党委書記,唐登傑省長と会見し,日本と福建省との交流の強化,企業間の協力等について意見交換を行いました。
 

 冒頭,于偉国書記から,福建省の安定的な経済成長を基盤とし,6月のG20大阪サミット期間中に行われた日中首脳会談の成果もふまえて,友好都市である長崎県及び沖縄県を中心とした地方間交流,産業・企業間交流を推進したいとの意欲が示されました。
 

 横井大使からは,福建省の文化施設,進出日本企業等の視察を通じて,日本と福建省との歴史的なつながりの深さを感じ取ることができた,習近平国家主席の来年春,桜の花が満開になる頃の国賓訪問が成功を収めるよう,習近平主席が17年半を過ごした福建省とも今日よくして準備を進めていきたい旨発言しました。
 

 会見には,福建省に進出している日本企業の代表のほか,北京及び上海からも日本企業の代表が同席しました。中国日本商会の小野元生会長から,同会が毎年発行している『中国経済と日本企業白書』を説明した後,同席した企業の代表から自社の事業紹介等を行いました。