地域の魅力海外発信支援事業「匠心极致 日本美食」の実施(2019年11月1日~12月27日)

 11月1日から12月27日までの間,外務省及び在中華人民共和国日本国大使館は,関係各社・団体の協賛のもと,中国各所において,日本各地の食にかかる魅力ある産品(日本米,日本酒,魚介類,食器・調理器具等)のプロモーション事業を実施します。この事業では,実体験を通じて,中国の消費者に日本の地域の魅力をより一層認知してもらい,これら日本産品の販売促進・輸出増加につなげていく取組を行います。
 


 

 具体的には,以下の内容令和元年度 地域の魅力海外発信支援事業「匠心极致 日本美食」実施概要(PDF)を予定しています。
 

1.連携事業(小売店,日本料理店等での日本産品実体験)

 11月1日から12月27日まで,中国各所の小売店(約700店舗),EC(3店舗),日本料理店(20店舗)により,日本産品フェア又は日本産品を使用した日本料理フェアを開催し,日本産品のプロモーション・販促活動が実施されます。期間中,日本料理店を中心として,日本の地方自治体と連携した日本産品の展示や観光案内等も行われます。
 

2.バーチャル・イベント

 特設モバイルサイト(11月1日より公開)や大使館WeiboなどのSNS上で,一般消費者向けのキャンペーンを実施します。
 

モバイルサイト 大使館Weibo
 

(1)手作り日本料理デコレーション・フォトコンテスト(Weibo)
日本の家庭料理をお題に,デコレーションの楽しさや工夫を競うコンテストを開催し,優秀作品には賞品を進呈します(11月1日~12月27日)。

(2)転送キャンペーン(Weibo)
大使館Weiboをフォローし,♯匠心极致♯のハシュタグが付いている記事の投稿を転送(転載)いただいた方の中から抽選で賞品を進呈します(11月1日~12月27日)。

(3)PR動画クイズキャンペーン(特設モバイルサイト)
日本産品の魅力をテーマとしたPR動画を視聴してクイズに正解した方の中から抽選で賞品を進呈します(12月2日~12月27日)。
 

3.ブースター・イベント

 福原愛さん(元卓球選手)らを招き,多くのメディア,インフルエンサー(Key Opinion Leader, KOL)等を通じて,広く日本産品の魅力をPRすべくブースター・イベントを開催します。フォトコンテストの表彰式や,参加事業者によるブース出展も予定しています。

日時:12月9日(月)午後
場所:北京四季酒店(フォーシーズンズホテル)3階北京庁(Beijing Ballroom)
   (北京市朝陽区亮馬橋路48号)
※ブースター・イベントへのメディア取材については,おってご案内します。

【本件のお問合せ先】
在中国日本国大使館 経済部 参事官 原口大志
書記官 森岡淳一
(窓口)電話:8531-9800(内線3025)
メール:keizai@pk.mofa.go.jp
 
【参 考】
本事業の中国語タイトル『匠心极致 日本美食』は,「匠が極める日本の美食」の意。日本食の品質追求の「こだわりの心」を表現している。

令和元年度 地域の魅力海外発信支援事業「匠心极致 日本美食」実施概要(PDF)