地域の魅力海外発信支援事業「匠心极致 日本美食」 イベントの開催(2019年12月9日)

12月9日,外務省及び在中華人民共和国日本国大使館は,11月1日から12月27日まで実施中の日本各地の食にかかる魅力ある産品(日本米,日本酒,魚介類,食器・調理器具等)のプロモーション事業「匠心极致 日本美食」(日本語名:「匠が極める日本の美食」,詳細は別紙PDF)の一環として,フォーシーズンズホテル北京において,日本産品の特色を中国の消費者に一層認知してもらうことを目的としたイベントを開催しました。
 
横井裕大使は挨拶で,本事業を通じて,一人でも多くの中国の方が日本食の「匠の心」を直に味わい,日本産品のファンになっていただけることを祈念する旨述べました。
 
イベントには,福原愛さんやくまモンなどのゲストをはじめ,多くのメディアやインフルエンサー,食品業界関係者らを招き,本事業に参加いただいた日本料理店や食品メーカーより提供された日本料理や日本酒等を楽しんでいただいたほか,手軽に食べられる日本米を使った離乳食等の紹介も行いました。また,日本の地方自治体も参加し,日本料理店とのコラボレーションを通じて,地域の産品や観光名所等の魅力を発信しました。
 
そのほか,ゲストによるトークショーや,手作り料理フォトコンテストの表彰式,マグロの解体ショーなども行い,イベントを盛り上げました。福原愛さんからは,「こうして日本の美味しいものをたくさん皆さんに紹介をして,皆さんが喜んでいる姿を見ることができてとても嬉しく思います。」とコメントがありました。

 

横井大使挨拶

福原愛さんトークショー

マグロの解体ショー

参加者集合写真

《参 考》
本事業の中国語タイトル『匠心极致 日本美食』は,「匠が極める日本の美食」の意。日本食の品質追求の「こだわりの心」を表現しています。
事業の詳細については,以下モバイルサイト及び大使館Weiboをご覧ください。