第15回「中国人の日本語作文コンクール」表彰式(2019年12月12日)

12月12日、日本僑報社と当館の主催により、第15回「中国人の日本語作文コンクール」表彰式及び日本語スピーチ大会が行われました。横井大使から「日本大使賞」受賞者及び優秀指導教師への表彰を行うとともに、段躍中・日中交流研究所所長を始めとする出席した各来賓から一等・二等・三等の各受賞者に対して表彰を行いました。

今回のコンクールには、中国各地の208校の大学・専門学校・高校等から計4359作品の応募がありました。このうち、上海理工大学研究生院の潘呈さんが「東京五輪で誤訳をなくすため、私にできること」という作品で「日本大使賞」を受賞しました。