新型コロナウイルス関連肺炎に係る記者会見での中国国家衛生健康委員会発言について(2020年1月22日)

2020/1/22
●1月22日,新型コロナウイルス関連肺炎に係る中国国務院新聞弁公室の記者会見において中国国家衛生健康委員会から新型コロナウイルス関連肺炎について発言がありました(参考1)

●主な内容は,(1)1月22日24時までで,新型コロナウイルスに感染した肺炎の確定症例は累計で440例,死亡例は新たに3例増加して9例となった。(2)専門家によれば,症例は主に武漢との関連があり,人から人,及び医療従事者への感染が既に起きている。(3)武漢の予防・コントロールに対する指導を強化した。武漢市人民政府は感染拡大防止のため,「原則として,必要がなければ,武漢以外の人については武漢に来ないように,また,武漢の市民は特殊な状況がなければ,武漢を離れないように」と呼びかけた。

●外務省から1月21日付で「感染症危険情報」が出されています(参考2)

●厚生労働省から1月22日付けでこれまでの対応のプレスリリースを行っています(参考3)。また,厚生労働省検疫所は武漢市からの帰国者及び入国者に対して,咳や発熱等の症状がある場合には,検疫官に自己申告するよう呼びかけています(参考4)

●引き続き,最新情報を入手し,感染予防に努めてください。

(参考1)中国国務院新聞弁公室記者会見
http://www.scio.gov.cn/xwfbh/xwbfbh/wqfbh/42311/42470/index.htm

(参考2)外務省【感染症危険情報】中国における新型コロナウイルスの発生
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2020T011.html#ad-image-0

(参考3)厚生労働省ホームページ
「中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎について(2020年1月22日版)」
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09043.html

(参考4)厚生労働省検疫所
空港等の検疫ブースにおける武漢市からの帰国者及び入国者に対する自己申告の呼びかけポスター
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000585391.pdf

(問い合わせ先)
・在中国日本国大使館領事部
 電話:(国番号86)-(0)10-6532-5964