張毓文女史、戴祥麒氏に対する在外公館長表彰(2020年9月29日)

2020/9/30
張毓文女史(写真右)
戴祥麒氏(写真右)
9月29日、当館の貴島善子公使が、横井大使の代理として、北方崑曲劇院国家俳優の張毓文女史、戴祥麒氏の両名に“在外公館長表彰”を授与しました。
張毓文女史、戴祥麒氏の両名は、1990年代より長年にわたって、中国の伝統芸能の一つである崑曲を多くの日本人に対して指導する等、崑曲を通じての日中両国の文化交流の促進と友好親善の発展に多大なる貢献をなされました。
両氏のこれまでの功績に対し、ここに深く敬意を表します。

【参考:日中国交正常化30周年記念(2001年12月)】

 
両氏が指導した弟子達をはじめ演目を披露した日中両国の若者に囲まれて。
戴祥麒氏(写真最後列左から8人目)。張毓文女史(写真最後列右から8人目)。
同上 舞台上の役者のみならず、楽隊も日中の合同編成。
戴祥麒氏(写真一番右)。張毓文女史(写真右から四人目)。