新型コロナウイルス感染症(天津市における外国籍者向けワクチン接種について)

2021/4/1
●天津市政府は、4月1日より、同市に居住する外国籍者も新型コロナウイルスワクチンの接種対象に含める旨発表しました。概要は次のとおりです。詳細や申し込み方法については、当局発表資料をご確認頂くとともに、勤務先や指定機関にお問い合わせください。
 
●概要は次のとおり。
  • 年齢条件は、18歳以上であること。
  • ワクチンの種類は、不活化ワクチンを使用し、計2回接種する。
  • 料金については、中国の社会保障医療保険に加入している者は、接種会場で有効な保険加入証を提示すれば、無料で接種することができ、保険に加入していない場合は、自己負担で接種できる(金額の詳細は指定機関に問い合わせること)。
  • 接種希望者は、勤務先を通じて、または各自指定機関(以下、出典URLに一覧表有り)に電話予約すること。
  • ワクチン接種当日は、本人の旅券と有効な居留書類を持参し、中国の社会保障医療保険に加入している者は有効な保険加入書類を持参する必要がある。
  • 接種前に、事情了承・同意書と免責承諾書に署名する必要がある。

【出典】天津市人民政府外事弁公室HP



在中国日本国大使館(領事部)
領事部・直通電話:(国番号86)-(0)10-6532-5964(09:00~17:30)
上記以外の時間の電話番号:010-8531-9800