「労働節」期間中の開館日と休館日に関するお知らせ(在中国大使館)

2021/4/23
●開館日
4月25日(日)(※中国の振替出勤日)
 
●休館日
「労働節」に当たる「5月3日(月)~5月5日(水)」(及びその直前の5月1日(土)及び2日(日))の期間は、当館の休館日となります。
また、「労働節」の振替出勤日とされている「4月25日(日)」については、当館の開館日となります。

(※ 広報文化センターについても同様となります。)

 

(参考)当館の「2021年休館日」

 

当館が休館している「労働節」の期間中に事件や事故などに遭った場合には、下記連絡先までご連絡下さい。
 

●電話番号:010-8531-9800(24時間受付) 

なお、パスポートの紛失や、盗難に遭われた方が早期の帰国を希望する場合、当館では「帰国のための渡航書」(以下、「渡航書」)のご案内をしています。
しかし、「渡航書」の手続きを進める場合には、事前に行う必要のある中国側の手続きが存在しますので、以下の手順に沿ってご対応するようお願いします。
 

(1)「報案」(最寄りの派出所が発行する事件証明です。)

(2)「旅券紛失証明」(上記派出所が所在する各区の公安局出入境管理局分局が発行する書類。「報案」に基づき発給されるものです。)

(3)「渡航書」(当館での手続きが必要になります。日本のご家族を通じて「戸籍謄(抄)本」の入手に努めて、申請手続きを行うようお願いします。)

(4)「中国出国ビザ」(北京市の場合、公安局出入境管理局総隊にて申請するものです。「渡航書」を提出の上申請し、許可が出されれば「渡航書」上に貼付されます。)

<出入境管理局総隊(北京市:地図)>


上記(4)の手続による出国ビザの取得には、平常時でも「10営業日」以内の期間とされていますので、予めご承知おき願います。
また、「労働節」休暇中は、中国の各公的機関が休みとなりますので、この期間中にパスポートの紛失や盗難の被害に遭いますと、中国国内の諸手続が進まず、通常よりも長く時間を要することがありますので、パスポートの管理にはくれぐれもご注意願います。

 

(問い合わせ先)

在中国日本国大使館(領事部)
領事部・直通電話:(国番号86)-(0)10-6532-5964 (09:00~17:30)
上記以外の時間の電話番号:010-8531-9800
HP:https://www.cn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html