新型コロナウイルス感染症(駐日中国大使館発表:日本から中国に渡航する際のPCR検査)

2022/2/18
●駐日中国大使館は、2022年2月28日(当日含む)以降、日本から中国へ渡航する際、現在行っている「PCR検査+ダブル検査」を廃止し、搭乗予定日の7日前に行うPCR検査(以下「予備検査」という)+搭乗予定日の3日以内に2つの指定検査機関で24時間以上間隔を空けて別々に行うPCR検査(以下「交差PCR検査」という)に変更する旨発表しました。
 
 例示として、「搭乗予定日が3月10日の場合、3月3日に「予備検査」を行い、3月3日から3月9日に健康観察及び「自己健康状況観察表(7日間)」を記入、3月7日から3月9日に「交差PCR検査」を行い、3月9日20:00までに、健康コード申請書類をまとめて提出する」とされています。
 
●本件は中国政府の措置ですので、詳細については、下記、駐日中国大使館のHPで必ず御確認ください。御質問がある場合には、駐日中国大使館・総領事館に直接お願いいたします。
 
○駐日中国大使館:「2022年2月28日より渡航前検査及び健康コード申請の最新措置について」(日本語中国語