新型コロナウイルス感染症(駐日中国大使館発表:日本から中国に渡航する際のPCR検査)

2022/5/19

 
●駐日中国大使館は、日本から中国へ渡航する際のPCR検査について、現行の搭乗予定日7日前のPCR検査等を廃止すると共に、2022年5月30日から、(1)搭乗予定日2日前の1回目PCR検査、(2)出発時刻24時間以内の2回目PCR検査、(3)「健康コード」の申請、(4)出発時刻12時間以内の迅速抗原検査を行う旨発表しました。また、検査は指定検査機関((2)については12か所の特別指定検査機関)で行うこととされています。
 
●例示として、搭乗予定日が6月6日09:15の場合、(1)6月4日に1回目PCR検査、(2)6月5日09:15以降に2回目PCR検査(1回目とは異なる機関かつ12か所の特別指定検査機関)、(3)6月5日18:00までに「健康コード」の申請、(4)6月5日13:00以降に迅速抗体検査を行い、(5)6月6日に「健康コード」及び迅速抗原検査陰性報告書を持参し搭乗手続きを行うとされています。
 
●また、既感染者について、駐日中国大使館は、完治後に行った2回目PCR検査の翌日より最低でも2か月の健康観察後、上記PCR検査が可能となる旨発表しています。PCR検査が可能になるまでの期間が、これまでより大幅に長くなるところ御注意ください。
 
●本件は中国政府の措置ですので、詳細については、駐日中国大使館のHPで必ず御確認ください。御質問がある場合には、駐日中国大使館・総領事館に直接お願いいたします。
 
(日本語)
http://jp.china-embassy.gov.cn/jpn/tztg/202205/t20220505_10681667.htm
(中国語)
http://jp.china-embassy.gov.cn/chn/tztgnew/202205/t20220505_10681663.ht