新型コロナウイルス感染症(駐日中国大使館発表:日本から中国に渡航する際のPCR検査)

2022/11/15

●駐日中国大使館は、2022年11月14日から、日本から中国に渡航する際には、(1)搭乗前48時間以内に1回PCR検査を行い、(2)「健康コード」申請を行う旨発表しています。なお、検査は、中国大使館(領事館)指定フォーマットで検査できる機関で行うとされています。また、感染歴のある者、濃厚接触者についても特別な条件はなく、通常の手続きで「健康コード」が申請可能となっています。
 
●本件は中国政府の措置ですので、詳細については、駐日中国大使館のHPで必ず御確認ください。御質問がある場合には、駐日中国大使館・総領事館に直接お願いいたします。

●また、11月11日、中国当局は渡航前PCR検査の回数減を含む「二十の措置」を発表しているところ、11月12日から、北京市では入国者に対する隔離は「集中隔離5日+自宅隔離3日」となっています。