在留届の提出

2020/4/1
在留届とは、外国での住所や緊急連絡先等を届け出ていただくためのもので、外国に3か月以上滞在する方は、旅券法第16条により在留届の提出が義務付けられています。

中国に住所を定めて3か月以上滞在を予定されている方は、お住まいの地域を管轄する大使館、総領事館、領事事務所に在留届を提出してください。

近年、海外で生活する日本人の増加に伴い、海外で事件・事故や思わぬ災害に巻き込まれるケースが増加しています。万一、皆様がこのような事態に遭った場合には、日本国大使館・総領事館・領事事務所は在留届をもとに皆様の所在地や緊急連絡先を確認し援護活動を行います。
 

【参考】在中国各公館の管轄地域一覧

 

インターネットからオンラインで提出

在留届電子届出システム(ORRnet)」から、新規の在留届、帰国、転出、住所変更等も全てオンラインで入力できます。 

 

 

メール、FAX、郵送での提出

以下の各種用紙(PDF)を印刷し、メール、FAX、郵送にて提出してください。
帰国、転出は『帰国・転出届』を、転居、家族の追加等の場合は『変更届』を提出してください。
提出先
メール送付先:ryoji@pk.mofa.go.jp
FAX:010-6532-9284
郵送先:100600 北京市朝陽区亮馬橋東街1号 日本国大使館領事部(在留届)
電話:010-6532-6539/2628
 

その他

ジャパン・レール・パスを利用するために在外公館で取得可能な書類のご案内