新型コロナウイルス感染症(注意喚起:北京市豊台区等での感染拡大)

2020/6/13
●6月13日,北京市政府は,新型コロナウイルス肺炎の確定診断症例が,昨12日報告の2例に加え,新たに豊台区で3例,房山区で1例確認されたと発表しました。
 
●この豊台区等の6例は,すべて豊台区にある「新発地農産品卸売市場」との接触歴があることから,北京市政府は当該市場を閉鎖し,市場関係者のPCR検査を行い,45人が陽性であったと発表しています。この45人は無症状であり厳格な隔離措置をとっているとのことです。
 
●上記状況から,北京市は,「新発地農産品卸売市場」及び周辺小区の厳格な管理措置,5月30日以降に同市場と濃厚接触があった者に対するPCR検査の実施,北京市各区の農産品卸売市場,飲食店やスーパーマーケット等の食品安全のための検査を行うとしています。
 
●北京市は13日の記者会見で,「感染源特定に向けて引き続き調査中」「今後引き続き感染例が発生する可能性は排除されない」と述べています。今後,感染症の発生状況により,北京市政府から更なる厳格な措置が発表される可能性がありますので,引き続き,北京市政府の発表に留意するとともに,感染に警戒し,手洗い,人との安全な距離を保つ,人が多く集まる公共の場所等でのマスク着用を徹底するなどし,感染予防に努めて下さい。
 
※なお,新たな感染者の発生に伴い,西城区月壇街道,豊台区西羅園街道,豊台区花郷地区,房山区長陽鎮の感染症リスク評価が「中リスク」に変更されていますので,移動の際にはご注意下さい。リスク評価は感染症発生状況により変動します。中国国務院のプログラムなどで確認が可能です。
 

(参考)北京市政府の関連の発表

 

(問い合わせ先)

在中国日本国大使館(領事部)
領事部・直通電話:(国番号86)-(0)10-6532-5964(09:00~17:30)
上記以外の時間の電話番号:010-8531-9800
 
※在中国日本大使館のホームページでは,新型コロナウイルス関連情報をまとめて掲載していますので,併せご参照ください。
(在中国日本国大使館新型コロナウイルス感染症ホームページ)
https://www.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000384.html