新型コロナウイルス感染症(河北省唐山市発表:唐山に戻ってきた全ての者に対する14日間の自宅観察又は集中観察の措置)

2020/2/25
 

【ポイント】

●2月16日,河北省唐山市政府は,外地から唐山に戻ってきた全ての者は唐山に着いた後,等しく14日間自宅又は集中観察をしなければならない旨の通告を発表しました。(概要は【本文】)

 

●この通告に関して,在中国日本大使館から唐山市政府に確認したところ,本通告は外国人も対象であり,また「外地」は唐山市以外の地域(日本を含む外国も含まれる)とのことです。

 

●唐山市政府の相談窓口は日本語対応が可能です。問合せ先は,次のとおりです。


 唐山市外事弁公室(電話番号(0315)2802148)
 

●これから唐山市に戻られる方・訪問予定の方は,外事弁公室に問い合わせるほか,お住まいのマンション・公寓や不動産会社,滞在予定のホテルに確認するなど,情報収集に努めて下さい。

 
 

【本文】

●唐山市が2月16日に発表した「疫病予防・コントロール期間中に唐山に戻ってきた者への関連要求の更なる明確化に関する通告」の内容は以下のとおりです。ご確認下さい。

 
「本日(2月16日)から,外地から唐山に戻ってきた全ての者は,唐山に到着後,等しく14日間の自宅観察又は集中観察をしなければならない。自宅観察,集中観察等の予防・コントロール措置を受けることを拒否する者は,法に基づき責任を追及する。唐山に戻る前に,事前に唐山に所在する事業体及び居住する社区(村)に報告しなければならない。」
 
(参考)唐山市政府の発表(中国語)
 http://www.tangshan.gov.cn/zhuzhan/zwgktzgg/20200216/839705.html
 

●唐山市外事弁公室相談窓口の電話番号


 (0315)2802148(日本語対応可,業務時間08:30~11:30,13:30~17:30)
 

●なお,日本政府は,2月12日に発出した感染症スポット情報で,中国各地において状況が急激に悪化する可能性も念頭に,在中国の在留邦人及び海外渡航者の方に,「情報収集等に万全を期すとともに,日本への早期の一時帰国や中国への渡航の延期を至急ご検討ください」と呼びかけています。


(参考)感染症スポット情報(2月12日発出)
 https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2020C027.html
 

●当館ホームページでは,より詳細な新型コロナウイルス関連情報が掲載されていますので,併せご覧ください。

 〇在中国日本国大使館新型コロナウイルス感染症ホームページ
  https://www.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000384.html

(問い合わせ先)
 〇在中国日本国大使館(領事部)
  領事部・直通電話:(国番号86)-(0)10-6532-5964(09:00~17:30)
  上記以外の時間の電話番号:010-8531-9800